快適な新生活に必要なもの①:カーテン

快適な新生活に必要なものの1つ目は、カーテンです。

一部のミニマリストと呼ばれる人の中には、カーテンを使わない生活をする人もいますが、カーテンがあることで遮光され、室内の温度を保つ効果もあります。
また、女性の一人暮らしなどでは室内が丸見えになることは避けたいため、必須のアイテムになります。

カーテンは、部屋にあるそれぞれの窓に必要なので、窓枠のサイズを確認することから始めましょう。
寝室や出窓は遮光性が高いものを選び、光の調整ができるようにするのがおすすめ。
夏場の強烈な日差しをカットできますよ。
また、厚手のカーテンを使えば、防音性も高まります。
道路沿いの窓に吊るせば、交通などの騒音を軽減できるかもしれません。
厚手のカーテンは冬場の外からの冷気もカットする効果があるため、リビングや寝室のカーテンは、遮光性と厚さに注目してみると良いでしょう。

このような生活の利便性のほか、カーテンにはインテリアの役割もあります。
部屋の雰囲気をガラッと変えるアイテムなので、慎重に選びましょう。
簡単に洗えるかもチェックポイントになります。

快適な新生活に必要なもの②:照明

快適な新生活に必要なものの2つ目は、照明です。

新生活ではさまざまな家電をそろえますが、その中でも最低限必要なものは、照明です。
ろうそくの明かりで生活するわけにはいきませんから、各部屋に照明を用意しましょう。
照明はLEDにしておくと長持ちしますが、初期費用を抑えたい場合は一般的な電球でもOKです。
また、こだわりがある場合はON、OFFだけでなく、暖色、寒色などが選べるものがおすすめ。

快適な新生活に必要なもの③:冷蔵庫

快適な新生活に必要なものの3つ目は、冷蔵庫です。

冷蔵庫は要冷蔵、要冷凍の食品を保管するために必須のアイテムですね。
また、作り置きしたおかずなどをストックしておくのにも必要です。
一人暮らしでは小さい冷蔵庫を選びがちですが、意外とストックしておくことが多いため、中くらい以上のサイズを選ぶのがベスト。
容量や飲料などを収納できるサイズ、設置する場所の広さ、間口の広さに応じて選んでください。
また、開閉は左右どちらなのか、両方なのかなども選ぶポイントになります。
設置する場所を確認し、他の家具との位置関係もチェックした上で、開閉のスペックを選んでみましょう。

快適な新生活に必要なもの④:布団セット

快適な新生活に必要なものの4つ目は、布団セットです。

寝具はベッド、または布団のどちらかを選ぶ必要があります。
ベッドの場合は、部屋に入る大きさのものを選ばなくてはなりません。
組み立て式の場合はどのように組み立てるかも確認しておくと良いでしょう。

布団セットは掛け布団、敷布団、枕がセットになっていることが多いですが、カバーや毛布は別売りの場合もあります。
いざ使うときに足りないということがないよう、セット内容を確認しておくことをおすすめします。
また、夏場、冬場で布団を換えることがほとんどなので、シーズンに合った布団を用意しておくことも大切です。

布団の選び方のポイントは、サイズ、素材、お手入れのしやすさです。
一人で寝るならシングルかセミダブル、二人ならダブルサイズが良いでしょう。
素材は好みにもよりますが、耐久性や保温性、放湿性をチェックしてみてくださいね。

快適な新生活に必要なもの⑤:テーブル

快適な新生活に必要なものの5つ目は、テーブルです。

テーブルは食事や物書き、作業など、あらゆる場面で使えます。
少人数で生活するなら大きなテーブルは必要ありませんが、食事を並べたり、パソコンを置いても快適に使えるサイズを選んでくださいね。

快適な新生活に必要なもの⑥:電子レンジ

快適な新生活に必要なものの6つ目は、電子レンジです。

料理はしないという人もいますが、電子レンジがあれば簡単な調理ができるため、ぜひ用意してくださいね。
コンビニ弁当で済ませるという人でも、温めればおいしく食べられますよ。
冷凍食品を買っておけば、レンジで温めてすぐに食事ができるのもポイント。
また、最近では電子レンジを使ったレシピも数多く考案されています。
電子レンジで作るゆで卵や簡単な炒め物風料理、煮物、煮込み料理、焼き魚など、手軽に調理できます。
料理が苦手な人こそ、電子レンジを活用して、新生活を快適にしてみてください。

まとめ

新生活に必要なものを紹介してきましたが、いかがでしたか?
さまざまなアイテムをそろえるのは大変ですが、最低限必要なものだけなら低予算でそろえられます。
なにから用意して良いかわからないという人は、今回紹介したものをぜひ参考にしてみてくださいね。
いざ新生活をして不便にならないよう、しっかりとチェックをしておきましょう!

関連する記事

関連するキーワード

著者