節約アイデア①:ネット銀行口座を開設する

無理なく節約をしたい人におすすめなのがお金の管理を仕組みづけてしまうことです。
その仕組みづくりの1つがネット銀行講座の開設。
銀行により回数は異なりますが、振込手数料や出金手数料が無料というサービスを展開している銀行があります。
口座を開設する際には、どのコンビニのATMを利用すれば無料になるかなど、サービス内容をよく確認してからから申し込むことをオススメします。
また、インターネット上で24時間お金をやりとりできるため早朝や深夜、土日でも振込の手続きをすることができます。

節約アイデア②:食材の正しい保存方法を知る

食材を長持ちさせることで食費を抑えることができます。
例えばレタス、そのまま保存するのに比べて芯をくり抜くと葉の新鮮さを長く保てますよ。
大根は葉と根の部分を切り分けて保存すると、味がおちるスピードを遅めることができます。
また、冷凍できる食材は冷凍してしまうのも手です。
意外かもしれませんが卵も一手間加えれば、冷凍保存が可能です。
溶き卵にしてから、炒り卵にしてから、薄焼き卵にしてから冷凍するなどの方法があります。
卵の鮮度を判断するには食塩水にいれ、浮いてくる卵は新しい卵に比べ鮮度が落ちているといわれています。
鮮度が落ちかけている卵は冷凍保存し、料理に活用しましょう。
今回ご紹介した食材以外の食材も正しい保存方法を知って、なるべく美味しく捨ててしますことがの無いように意識してみてください。
食材をおいしく食べられるだけでなく、食費の節約にもなりますよ。

節約アイデア③:100円ショップのアイテムを活用する

100円ショップには、値段に見合わないほどクオリティの高い商品がたくさん売られています
おしゃれなキッチングッズや便利なお掃除道具など、100円ショップで購入できるものは100円で済ませましょう。
ブログや情報サイトにさまざまなオススメ100円グッズが紹介されているので、1度チェックしてみてください。
今まで高いお金をかけて買っていたものが、実は100円ショップの商品で代替できるかもしれませんよ。
しかし、100円だからと必要以上に買ってしまっては本末転倒です。
必要な物を必要な分だけ購入するように心がけてくださいね。

節約アイデア④:ネットで情報収集する

今やインターネットで様々な情報を得られる時代です。
お金にまつわる本にかかるお金や旅行先のガイドブック代も、ネットで情報を収集すれば節約できます。
本の保管場所に困ったり、重たいガイドブックを持ち運ばなくて済むというメリットもありますよ。
もちろん、紙の媒体に良さを感じる人もいるかもしれません。
そんな方は紙で勉強したり、情報を収集したい事柄とインターネット上で事足りるものを区別してみてください。
紙媒体ではなくネットの情報収集で補える分野もあるかもしれませんよ。
漫画や、役に立つ情報を発信しているブログやサイトもたくさんあるので1度調べてみてはいかがでしょうか。

節約アイデア⑤:電球をLEDに変える

白熱電球に比べて価格が高いLED電球。
一見、白熱電球のほうがお得に思えますが実は長期的にみるとLEDの方お買い得です。
その理由の1つが消費電力の低さです。
消費電力が低いほど電気代を抑えることができますよ。
また、寿命が長いので購入コストがかかりません。
取り替える手間も省けるのも嬉しいポイントですね。
ぜひ、次に電球を取り替える際には白熱電球からLED電球に変えてみてくださいね。

節約アイデア⑥:アプリを使って電話する

ついつい長電話をしてしまったり、何かと電話をする機会が多かった月には1ヶ月の通話料金が高くなってしまいますよね。
かけ放題のプランに入っていれば、通話時間を気にする必要はありません。
しかし、特にそのようなプランに入っていないければ通話した分だけ請求料金が高くついてしまいます。
そこで、仕事関係の電話や国際電話をするとき以外は無料の通話アプリを利用しましょう。
無料の通話アプリは電話回線ではなく、インターネット回線を使用するので通話代がかかりません。
通話アプリを使えば、友達との長電話だってたくさんできますよ。
wi-fiに接続していない場合にはパケット通信料を消費してしまうため、なるべくwi-fiに繋いだ状態でアプリを利用するようにしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回はストレスなく実践できる節約アイデアをご紹介しました。
ご紹介した節約アイデアも1度習慣づけてしまえば、無意識のうちに無駄な出費を抑えられるようになります。
ぜひ、手軽に始められるものから実践してみてくださいね。

関連する記事

関連するキーワード

著者