やってはいけない節約①:小さすぎる金額の節約

生活で身近なものは節約しやすいですよね。
ただし、小さすぎる金額の節約は普通の生活を崩しストレスをためる原因になります。

例えば
・部屋の電気代をもったいぶる
もったいないからと言って、四六時中薄暗い中での生活は、健康な人でも鬱っぽくなってしまいます。
そうして電気代を押さるよりも、失われる生活の質と、心身の健康のほうがずっと大切です。
・数十円の節約のために遠くのスーパーに行く
チラシを見て、安いからと言って遠くのスーパーまで行っていませんか?
数十円のためにさいた時間と交通費は見合っているか見直してみましょう。

あくまでストレスがかからない快適な生活の中で節約を心掛けましょう。

やってはいけない節約②:”安さ”に基準を置いた買い物

「ふと立ち寄ったお店で50%オフだったからお買い得だと思って買った
ありがちな買い物ですが、本当に必要な買い物でしたが?
前から欲しいものが安くなっているのであれば、確かにお買い得な買い物です。
もし、そうでないのなら今生活必要でないものを買うことで5千円余計な出費を生んでしまうことになります

ものを買うときは、
安さや割引率を基準に置かずに、「安くなってなくても欲しいか」考えてみましょう。
衝動買いが少なくなり、無駄な出費が減りますよ!

やってはいけない節約③:セール品だけ買う縛り

セール品しか買わない!!定価で買うなんてもったいない!
と考えている人は多いのではないでしょうか。

本当に欲しいものを見失ってストレスになっていませんか。
妥協したものが家に増えることは、幸せなこととは言えません。
節約を意識すると、ついつい安いものを選びがちですが、
本当に欲しいもの、必要なものが手に入らないストレスを抱えるよりも、
満足感を得られるものを買うことで、セールの衝動買いが減りストレスも軽減されます。

やってはいけない節約④:効果が感じられない節約

「今月は○万円節約できた!」など、節約の結果が出れば、やる気もあがりますよね。
しかし、目に見える効果がないと、「やってる意味あるのか」とモチベーションも下がってしまいます。
効果が感じにくい例として
・家計簿をつけないために、どれぐらい節約できているか比較できない
・10円単位の節約で、効果が埋もれてしまう

などがあげられます。これを機に、節約の効果が多く現れる、「固定費の節約」などに取り組みましょう。
とくにすぐに効果が表れるものは、携帯代です。
プラン変更や格安SIMなどに変えることで、翌月からすぐに料金が安くなり、目に見えた効果が出ます。

大きな効果を出すことで、モチベーションを上げて節約に取り組みましょう。

やってはいけない節約⑤:体力と時間を消耗する節約

楽しみな家族でのお出かけ、
「お弁当を持っていけば外食費を抑えられる」
と思い、朝起きるのがつらい日まで頑張ってお弁当を作っている人も多いはずです。
しかし、つらい日までお弁当を作り出かける前に疲れたり、イライラしてたらせっかくのお出かけが本末転倒になってしまいますよね。

例えば、お弁当を作るでも、お惣菜を買ってきて詰めるなど、自分の大切な時間や体力を消耗しない程度にしているのも大切です。

やってはいけない節約⑥:家族を一方的に巻き添えにする

節約に熱心になると、つい家族のお金の使い方が気になってくることが多くなります。
「私は、こんなに節約で我慢してるのに、なんでムダ使いばかりするの!?」
確かに、一人で節約に取り組んでも大きな効果は見込めません。
しかし、家族の理解が無ければ、自分も相手もストレスを抱えるばかりになってしまいます

家計簿を一緒に見たり、具体的な目標や数値を出すことで、共通理解をしたうえで節約に取り組みましょう。
家族で楽しみながら節約できるのが1番ですね!

まとめ

自分の行動に当てはまる項目はありませんでしたか?

いざ節約を始めると、まじめな人ほど生活のあらゆる場面で節約を試みようとします。
でも、全てで節約すると、息の抜きどころがなくなりストレスになり、節約生活をつづけることができなくなります。

節約とは小さな積み重ねがものを言います。
いかに長く、ストレスなく続けられるかを第一に考えて、節約生活を楽しみましょう!

関連する記事

関連するキーワード

著者