節約方法まとめ①光熱費を節約する

生活していくのに絶対に必要になるのが水道・電気などの光熱費。
少しでも減らして節約していきたいところです。
光熱費を減らして生活することが習慣になれば、毎月の節約効果もとても大きくなります。

まず電気代の節約方法です。
電気代を節約するには待機電力をチェックすることがポイント。
家庭の消費電力の10%は待機電力だと言われています。
テレビなど、使わない時にはこまめにコンセントを抜くようにしましょう。
スイッチを切り替えるだけで、節電の効果がある省エネタップも便利です。

水道代を節約するには、こまめに蛇口を閉めたり水のだしっぱなしをなくして水の使用量を少なくしましょう。
食器を洗う時には、最初に汚れをいらない布や紙で拭き取っておくことで水を節約できます。
また、お風呂のシャワーヘッドを節水タイプに変えるだけでも、大きな節約につながります。
取り替えるだけなので、手間もかかりません。
シャワーヘッドによって節水効果も異なりますが、年間で1万円ほどの節約になる場合もあります。

ガスは、出費が大きくなりがちです。
給湯器は電源が入っているだけでもガスを消費しています。
出かける時や、使わない時はスイッチをこまめに消すようにしましょう。
設定温度を低めにするのも良いですね。
お風呂でシャワーを使う時以外は低めの温度にしておきましょう。

節約方法まとめ②固定費を節約する

家賃や通信費、保険料などの固定費は一度節約すると、その後もずっと効果が続くのでぜひ見直したいところです。
毎月の出費を減らしていけば、一年間の節約効果はとても大きくなります。

家賃は手取りの25%が目安だと言われています。
現在の家賃は、収入に比べてどのくらいの割合ですか?
家賃が高すぎる場合は、引越しも検討してみましょう。
駅から少し離れている、築年数がたっているなど、少し条件を変えるだけでも安い物件は意外にあります。
色々な情報を見比べてみましょう。

通信料を安くするには、格安スマホがおすすめです。
大手キャリアと比べると毎月の使用料がとても安くなります。
データ通信量に制限があったりしますが、 最近では wi-fiを使える店舗も多くなっているのでそれほど不便は感じないはずです。
色々なプランがあるので、自分に合ったプランを見つけてみましょう。

また、保険料は本当に必要なのか改めて確認してみましょう。
保険会社の営業さんに勧められたままに加入したプランは、意外と高いかもしれません。
インターネットの保険会社では、必要最低限の保証で格安のプランがたくさんあります。
今の自分には、どんな保障が必要か確認してみてください。

節約方法まとめ③買い物で節約する

食料品や洋服、日用品の買い物は節約と深く関係します。
ついつい無駄遣いが多くなってしまう人は、買い物の仕方を工夫して無駄な出費を抑えるようにしましょう。

買い物に行く時に、必要なものをリストに書いておくのも良い方法です。
書いてあるもの以外は買わないと決めて、買い物をすれば無駄なものを買うことがなくなります。
買い物に行く前に、家に何があるかチェックすることも大切です。
同じものがあるのにダブって買ってしまったり、必要以上に在庫を溜め込んでしまうことも無駄な出費の原因となります。
特に食材は、腐らせてダメにしてしまうこともあるので、買い物に行く前に冷蔵庫をチェックしておくと良いですね。

月の始めに、予算を決めてくと無駄遣いがなくなります。
生活費の中で、食品にかける割合、洋服にかける割合などを決めておくとスムーズです。
必要以上に予算を少なくしてしまうとストレスになるので無理のない範囲で予算を立てみてください。

節約方法まとめ④自炊をする

毎日の食費を減らすには自炊するのが一番です。
仕事で忙しいと、料理をする時間もなくつい外食が多くなってしまいます。
しかし、毎日外食していると大きな出費となります。
いきなり全ての食事を自炊するのは難しいですが、できるところから始めてみましょう。

お昼をいつも外で食べる人はお弁当を持参するだけでも、節約になります。
時間がない人は、おにぎりがおすすめ。
ご飯とちょっとした具があるだけで立派なお弁当になります。
物足りない時は、コンビニなどでカップスープを買うと良いですね。

お弁当に慣れてきたら、ちょっとおかずを増やしてみたり、夕食の残りを詰めてみたりとレパートリーを増やしていきましょう。
飲み物をカフェや自動販売機で買う人は、水筒で代用します。
毎日のちょっとした出費ですが、積み重なると大きな金額になります。
用意するのが面倒な人は、ペットボトルから移し替えるだけでも節約効果が期待できます。スーパーやドラッグストアで安くて大容量の飲み物を買ってストックしておくと便利です。

節約方法まとめ⑤クレジットカードを上手に使う

普段の買い物をクレジットカードで支払って賢くポイントを貯めていきましょう。
現金で払うよりもポイントが貯まるお得に買い物ができます。
カードによって貯まるポイントも異なるので、ライフスタイルに合わせて使いやすいカードを選んでみてください。
光熱費や通信料もクレジットカードで支払うようにすると、ポイントがどんどん貯まります。

注意点は、 使い過ぎに気をつけること。
カードで支払うと、 お金を使っている感覚が少なくなるので、つい無駄遣いが多くなってしまうこともあります。
クレジットカードと連携できる家計簿アプリなどを使うと、毎月の出費が一目でわかるので無駄遣い防止に役立ちます。

節約方法まとめ⑥シンプルな生活をする

最低限の物で暮らすミニマリストが流行っています。
無駄な物を増やさない、必要なもの以外は家に置かない、シンプルな生活スタイルが人気です。
ミニマルな暮らしは、節約にもつながります。
本当に自分の生活に必要なものだけを取り入れることで、無駄な買い物がなくなり出費も抑えられます。

物が少ないと、 片付けをするのも簡単です。
部屋に物が溢れていて、散らかっている人はお金もたまりにくいと言われています。
探し物をしている時間も手間も節約できて、お金だけでなく時間のゆとりも生まれます。
ごちゃごちゃしている空間では、リラックスもできませんよね。

もう使わなくなった物や、 着なくなった服などを思い切って処分してみましょう。
スッキリとした生活で、 お金もどんどん溜まっていくはずです。
シンプルな生活をすることで、気持ちよく暮らせます。

無理なく続く節約を

節約方法のまとめを紹介してきました。
世の中には様々な節約方法がありますが、無理なく毎日の生活の中で続けていけるものが一番です。

人によって合う合わないもあると思いますが、自分にぴったりの方法を見つけて、楽しく節約を続けていきましょう。
習慣にすることで、出費が減ってお金も貯まっていきます。

関連する記事

関連するキーワード

著者