節約名人主婦の節約アイデア①:特売日以外は極力スーパーへ行かない

節約名人主婦は、買い物をする日も徹底しています。
特売日のみスーパーへ行き、安くなっている商品のみ購入しています。
食事作りは毎日のことなので、積み重ねれば、かなりの額の節約ができているはずです。
まずは、特売日のチェックから始めてみましょう。
インターネットの普及した現在では、ホームページで特売日を公開しているお店がたくさんありますよ。
特売日をチェックしてから買い物へ行くのがおすすめです。

又、お店の閉店間近に行くと、たくさんの値引き商品に出会えますよ。

節約名人主婦の節約アイデア②:1週間分のレシピを考えてから買い物に行く

何を作るかあまり考えずに、とりあえず安いから購入した野菜。
使う機会がなくて傷んでしまった。
なんていう経験はありませんか?
節約名人主婦は、無駄を徹底的に省きます。
あらかじめ1週間分のレシピを考えてから買い物に行くことで、無駄な買い物を防ぐことができます。
1週間のレシピを2,500円に抑え、ひと月の食費は1万円というツワモノ主婦も!
1週間の食費を5,000円以内に抑え、毎月の食費を2万円に抑える、というやり方なら
案外できるかもしれません。
まずは1週間ごとにレシピを考え、1週間の食費の予算分のみ購入する計画的な買い物から始めてみませんか!?

節約名人主婦の節約アイデア③:工場見学でレジャー費を節約

休日のレジャーで家族そろって出かけるとなるとそれなりの出費が。
節約名人主婦は、レジャー費も節約します。
特に工場見学はおすすめ。
無料で工場見学ができるほか、できたてのジュースが飲めたり
お土産をくれる工場も。
乗り物が好きな男の子には、車や飛行機などの乗り物を製造する工場見学がおすすめです。
また、女の子には、お菓子を手作りできる工場もおすすめ。
普段何気なく食べたり、使用しているものがどのように作られるのかを知ることも
ともてためになりそうです。

節約名人主婦の節約アイデア④:夏や冬は外出して光熱費を節約

専業主婦の方なら、夫が出勤したり、子供が登校した後は、一人で自宅で過ごす方が多いはず。
しかし、節約名人主婦は、夏の暑い日や冬の寒い日には、あえて外出をします。
そうすることで自宅で使うはずの光熱費を節約することができるのです。
デパートなどへ行けば、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。
外出したら出費がかさみそうですが、節約名人主婦は、お財布の中には小銭しか入れないため
無駄遣いを防ぐことができるのです。
図書館へ行って、読書をし知識を深めるのもよし、
お腹がすいたら、デパ地下やスーパーの試食コーナーで軽く食事をすることも。

節約名人主婦の節約アイデア⑤:長期休暇は無料のキャンプ場を利用

待ちに待った夏休み!
家族揃って旅行に出かけたいものですが、ホテルの宿泊費は高いし・・とお悩みの方には
無料のキャンプ場を利用することがおすすめです。
ホテルに宿泊すると、人数分の宿泊費がかかってしまいますが
テントであれば、料金がかかったとしても1区画あたりの料金を支払えばよいので
旅行代金を大幅に抑えることが可能です。
さらに嬉しいことに全国には無料のキャンプ場というものがけっこう存在しています。
トイレや炊飯場もしっかり備わっていたり、山頂の中にあって大自然に触れられたり
はたまた温泉の真裏にあって家族みんなで楽しめたり。
利用には事前予約が必要なところが大半ですので予約なしで行かないように気を付けましょう。

【無料キャンプ場】
・日影沢キャンプ場(東京都)
・神川ゆ~ゆ~ランド自由広場キャンプ場(埼玉県)
・宇都宮市森林公園キャンプ場(栃木県)
・県営赤城山キャンプ場(群馬県)
・菖蒲谷池公園キャンプ場(福岡県)
・観音ヶ池市民の森(鹿児島県)

この他にも全国には、無料のキャンプ場がたくさんありますよ!

節約名人主婦の節約アイデア⑥:日常消耗品の節約を徹底する

ついこの間買ったばかりなのに、ティッシュやシャンプーがもうない・・なんて思った経験はありませんか?
日々の生活で必ず必要な日常消耗品。
ずっと使い続けるものなので、裏を返せば、この部分を徹底的に節約することで
かなりの額の節約ができることになるのです。
では、これらの日常消耗品をどのように節約するか具体的にみていきましょう。

【ティッシュ箱は半分に切って使う】
ティッシュは購入したらまずは半分に切ってしまいましょう。
これで、2倍長く使うことができます。
中には、ティッシュは、無料で配っているティッシュのみ使う、という方も。
路上でティッシュ配りをしている方を見たら、積極的にもらいに行く、くらいの姿勢を見せましょう。

【シャンプーや食器洗剤は水で薄めてから使う】
ちょっとくらい水に薄めても、よく泡立ちます。

【ボディーソープよりも、長くもつ固形石鹸を使用】
ボディーソープよりも石鹸の方が泡切れが良いので、水道代の節約にも繋がります。

【歯磨き粉や洗顔料は最後まで使う】
でなくなったな、と思ったら買い替えていませんか?
必ず、チューブを半分に切るようにしましょう。
びっくりするくらい残っていたりしますよ。
最後まで徹底的に使うようにしましょう。

中には、ティッシュを使用することをやめた、という方も!
タオルと雑巾とトイレットペーパーでまかなっているそうです。

当たり前のように必要と思っていた日常消耗品。
工夫と考え方によっては、必要ないものもあるかもしれません。
普段自分が使用しているもの、まずは、本当にいるかどうか
考えてみるのもよいでしょう。

工夫次第であなたの生活費はまだまだ節約できる

今まで当たり前だと思ってお金を使っていたことも、考え方と工夫次第でいくらでも節約できることがわかりました。
あなたの生活にも、まだまだ節約できることがたくさんあるかもしれません。
さぁ、あなたも楽しい節約生活、始めてみませんか!?

関連する記事

関連するキーワード

著者