節約ダイエット①:乗り物を乗らない

車、電車、バス、こういった乗り物を乗らずにとにかく歩く!
というシンプルなダイエット方法です。
おまけにお金は一切かからない0円ダイエットです。

ウォーキングは、有酸素運動でありダイエットの効果は緩やか。
個人差はありますが、毎日40分のウォーキングをしたとして効果がでるのは、1ヶ月~3カ月くらい経過してからと言われています。
そのため、長く継続していく心構えが大切です。
働いている人ならば、行き帰りの通勤にウォーキングを取り入れることで
習慣化することができるため、確実に効果をあげることができるでしょう。
専業主婦の方々も、いつもは車や自転車で行っている買い物をウォーキングへと変えることで
効果を見込むことができます。

節約ダイエット②:お酒はカロリーの低い蒸留酒を飲む

ダイエット中だけど、大好きなお酒は辞めたくない!
という方や、仕事の付き合い等で、どうしてもお酒を飲む機会が増えてしまう、という方も少なくないでしょう。
そんな方へは、蒸留酒を選ぶことをお勧めします。

お酒には製造方法により「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」に分類されます。
ビール、ワイン、日本酒など酵母により米、麦、ぶどうに含まれる糖分を酵母により発酵させる醸造酒は、蒸留の作業を経ず、
アルコール発酵させたままの状態で飲み、糖質が高くカロリーが高いのが特徴です。

一方「蒸留酒」は、原料を発酵させてできたお酒を、沸騰させ蒸気を集め、集めた蒸気を冷やして液体にする「蒸留」の工程により作られています。
原料のカロリーや糖質もそのまま飲む「醸造酒」に比べ、蒸留によりアルコールのみを取り出した「蒸留酒」はカロリーが低いのです。
焼酎、ウイスキー、ブランデー、ウォッカが蒸留酒にあてはまります。
但し、アルコール度数は高いので飲みすぎには注意しましょう。

節約ダイエット③:おからパウダーでカロリーダウン

とうふを作る時の大豆のしぼりかすであるおから。
大豆の栄養成分をたくさん含んでおり、食物繊維も豊富です。
さらに脂肪の代謝を促すビタミンB1とB2も含まれ、ダイエットにも効果的な食材なのです。
おからパウダーを使ったレシピは、とっても簡単。
様々なレシピに、おからパウダーをスプーン1杯程振りかけるというごくごくシンプルな方法でいいのです。
味にクセがないおからパウダーはどんな料理とも相性良く食べることができます。

また、ダイエットにおける、コーヒーとおからパウダーの相性は抜群で、いつも飲んでいるコーヒーにおからパウダーを1さじ入れるだけで脂肪燃焼効果が高まるとか。
試してみる価値がありそうです!

節約ダイエット④:筋トレで効率的にダイエット

忙しいからダイエットに時間を費やす暇がない、という方。
筋肉を鍛えれば、仕事をしている時や寝ている時など、エクササイズをしていない時にも効率的にダイエットをすることができますよ!
内臓が活動したり体温を保ってくれたり、私たちの生命活動を維持してくれる基礎代謝。
1日の消費エネルギーの中で、基礎代謝が占める割合はなんと60%で多くを占めています。
筋肉を鍛えれば、この基礎代謝が活発になるため、1日のエネルギー消費量がアップするのです。
寝ているときでさえ、身体が勝手にダイエットを継続してくれるのです。

では、自宅にいながら簡単にできる筋トレをご紹介します!
【自分の体重を利用した自重トレーニング】
筋トレ用の器具などは一切必要ありません。
自分の体重を利用して筋トレができるので、テレビを見ている間などを利用して筋トレができます。
・フロントブリッジ
・クランチ
・ヒップリフト、など。
テレビを見ている間は、必ず筋トレも行う、と決めてしまえば、継続しやいでしょう。

節約ダイエット⑤:こんにゃくパスタでカロリーダウン

ミートソースにカルボナーラ、ダイエット中にはカロリーが気になるところですが
パスタ好きの人にとってはなんとかして食べたいもの。
しかし、1人前のスパゲティ麺100グラムのカロリーは、なんと378キロカロリー!
でも大丈夫!
この麺の部分をこんにゃくに変えてみれば、約10分の1のカロリーに抑えることができるのです。

こんにゃくを細く1本1本細かく切るのは手間がかかりますが、こんにゃくパスタなるものが既に売られているので安心。
こんにゃくには食物繊維が豊富なので、ダイエットや美容にも嬉しい効果が期待できます。

市販のしらたきを用いてもOK!

節約ダイエット⑥:肉料理は、鶏むね肉中心で

日頃、肉料理で豚肉や牛肉を使うことが多い方は、カロリーの低い鶏むね肉を代用するようにしましょう。
鶏むね肉は、価格も安いため、食費の節約にも繋がります。
食事は毎日のこと。
毎日の食事のカロリーを抑えることで、確実にダイエットの効果をだすことができます。

とはいえ、鶏むね肉はパサパサしていてあまり好きではないという声も。
しかし、ブライニングという調理法を使えば、鶏むね肉も驚くほどにジューシーに美味しく食べることができるのです。

【ブライニングとは】
塩水に肉を漬け込むことによって肉の筋繊維をやわらかくし、筋細胞内に水分を吸収させるというテクニックです。
驚くほどにふっくらとジューシーになるので魔法の調理法とも呼ばれています。

ブライニングの方法は簡単。
まず3%の塩水を作ります。
例えば、15グラムの塩を500ccの水に溶かし、塩が完全に溶けたら、塩水の中に、鶏むね肉を入れ、2時間以上12時間未満漬け込みます。
漬け込み時間が経過したら、鶏むね肉の水分をしっかりふき取れば、ブライニング終了!
お好きな調理を開始できます。
あまりにジューシーで鶏むね肉とは気づかれないかも!?

ダイエットにお金は不要!

スポーツジムやエステなど、高いお金を使わなくても、日々の食材のカロリーを抑えてみたり、スキマ時間に筋トレを続けてみるなど、日頃の生活を少し変えてみるだけで、ダイエット効果が格段とあがるのです。
ダイエットには、高いお金は必要ありません!
必要なのは、日々のちょっとした工夫と、継続する忍耐力なのです。

関連する記事

関連するキーワード

著者