節約買い物術①予算を決める

買い物をする前にまずはそれぞれの項目について予算を決めておきましょう。
予算を決めておかないと、お金をどんどん使って出費が大きくなりがちです。
食費、日用品、外食費など、あらかじめどのくらい使うか考えておくと、予算を守るようになり節約になります。

予算を決めて、項目ごとに封筒に分けておく方法や、お財布の中に予算分のお金だけを入れておく方法、電子マネーにあらかじめ予算分の金額だけをチャージしておいて、そこから普段の買い物をするなど、色々な方法があるので、自分のやりやすい方法で管理してみましょう。

予算が足りなくなったからと他の項目から貸し借りをするのは厳禁です。
貸し借りをすると予算を立てた意味がなくなってしまって、なし崩し的にどんどんお金を使ってしまうことになります。
ポイントは、余裕のある金額で予算を決めること。
初めから厳しすぎると守れなくて節約が嫌になってしまいます。
少し多めに予算を考えておいて、予算内で買い物ができたら次の月には少し少なくすると良いですね。

節約買い物術②買い物の頻度を減らす

毎日のようにスーパーに行って買い物をするよりも、週に2回3回と頻度を減らしてまとめ買いする方が節約になります。
スーパーに行くと毎日のように特売品が売られて、安いからとついつい買ってしまいがちです。

目に入ると必要でなくても欲しくなってしまう事ってありますよね。
お菓子やお酒など嗜好品は特にその傾向が強くなります。
子供と一緒に買い物に行くとお菓子などをねだられ、つい買ってしまうということもあると思います。

余計なものを買ってしまうこともあるのでスーパーに行く回数自体を減らしましょう。
できれば週に一度の買い物がベストですが、難しい場合は今より少しでも頻度を減らすように努力してみると節約効果が出てきます。

節約買い物術③買い物リストを作る

スーパーなどに買い物に行く前には、必要なものをメモして買い物リストを持参するようにしましょう。
必要ないものを買うことがなくなって、買い忘れ防止にも役立ちます。
出かける前に冷蔵庫など在庫チェックして何が足りないか、確認してから買い物に行くようにすると良いですね。

買い忘れてしまうと、また翌日にスーパーに行き買い物の頻度が高くなってしまいます。
当日だけでなく、何日か先の献立も考えておくと買い物リストを作りやすくなるので、おすすめです。
スーパーに行くと、本日限りの特売品などもありますが、なるべく買い物リストにあるもの以外は買わないようにしましょう。

とても安いから、どうしても買いたいという場合には、他の物を減らして出費を抑えるようにしましょう。
スーパーに行って何を買うか迷ったり、その時に献立を決めたりすると時間もかかってしまいます。
買い物リストを作ることでお金だけでなく時間の節約にもなりますよ。

節約買い物術④日用品はまとめ買いしない

食材はスーパーに行く頻度を減らしてなるべくまとめ買いする方が節約になりますが、日用品のまとめ買いはあまりおすすめしません。
特売だからとティッシュペーパーやトイレットペーパー洗剤などをいくつも買う人も多いかもしれません。
しかし在庫が多いと場所もとりますし、特売と言っても普段の値段とそれほど大きな差はないこともあります。

逆に在庫があるとついつい無駄遣いをしてしまいがち。
トイレットペーパーやシャンプーなどは残りがあと少しだと思えば使う量も減らしますが在庫がたくさんあると思うと必要以上に使ってしまいます。

ある調査では、 ラップやアルミホイル歯磨き粉洗剤などをいつもまとめて買って多めにストックしている家庭は、まとめ買いをしてない家庭に比べて約1.2倍から1.5倍必要品の出費が多いという結果もあります。
節約しているつもりでも実はあまり節約になっていないのです。
必要な時に必要な部分だけ買うというのが日用品の買い物でのポイントになります。

節約買い物術⑤ネットスーパーを利用する

食費や日用品の買い物にはネットスーパーを利用すると便利です。
出かける手間がなく重い荷物も自宅の玄関まで届けてくれるので、小さいお子さんがいる家庭や働いている人にはありがたいですよね。

ネットスーパーは便利なだけでなく節約にも効果があります。
家で時間をかけてゆっくり買い物をできるので本当に必要なものだけを買うことができます。
仕事帰りなど忙しい時にスーパーに行くとつい焦ってしまって冷静な判断ができません。
ネットスーパーならじっくりと吟味できるというメリットがあります。

また、カートに入れても、少し考える時間があるので、やっぱり必要ないという時もすぐにキャンセルできるのでとても便利です。
買い物の合計金額も一目で分かり、無駄遣いを防ぐことができます。
実際にスーパーに買い物に行った時に全てを計算するのは大変ですし、レジで買いすぎたと思ってもやっぱりやめますとは言いにくいですよね。

節約買い物術⑥ネットで買うもの、買わないものを決める

インターネットでの買い物はとても便利です。
普段からインターネットでよく買い物をするという人もいると思います。
ネットでの買い物は実物が見られないという点が最大のデメリット。

特に洋服などは、試着をしてみないと実際に分からないことがありますので注意が必要です。
お気に入りのブランドで、サイズ感を把握している場合は大丈夫ですが、初めて使うお店の洋服には特に気をつけましょう。
ズボンや靴は同じサイズでも、小さめだったり、大きめだったりすることがよくあります。
試着をした方が良いと思うアイテムは、ネットではなく実店舗で買った方が良いでしょう。
せっかく買ったのに、サイズが合わなくて来られなかった、というのではもったいないです。

逆に日用品や生活用品などは、ネットで買った方がお得な場合が多いです。
ポイントを貯められることもあり節約になります。
日用品はいつもネットで買う、洋服は実店舗に行って買うなど自分なりにルールを決めておくと良いですね。

お得な買い物術で節約しよう

買い物は誰でもするもの。
せっかく買うなら、お得に節約したいですよね。

普段の買い物をちょっと工夫するだけで、節約効果は抜群。
毎月の出費を抑えて、貯金も増やせます。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

関連する記事

関連するキーワード

著者