一人暮らし向け節約術①:用途別にお金を振り分けて管理

1ヶ月に使えるお金を用途別に振り分けておきましょう。
あらかじめ上限を決めておくことで残りの使える金額を把握しやすくなります。
また、ポイントは1ヶ月に貯金したい金額を最初に決めておくことです。
そうすることで貯金額を差し引いた金額でやりくりしようと意識できますよ。
用途別に振り分けることでどんなことにお金を使いやすいのか、何に使うお金を節約できるのか考えやすくなすなるので、ぜひ試してみてください。

一人暮らし向け節約術②:おかずは休日に作り置きをしておく

仕事で疲れていたり、何だかやる気が起きなかったり。
毎日、ご飯を作るのはなかなか難しいですよね。
ついコンビニでお弁当を買ってしまったなんてことはありませんか?
そこで、おすすめなのが作り置き料理です。
休日や時間がある時に作り置きしておけば、仕事終わりの疲れているときでも自炊しやすくなりますよ。
タッパーで保存いたものは盛り付けるだけ。
冷凍しておいたものは解凍し、温めるだけですぐに食べることができます。
ワンプレートに盛りつければ洗い物も少なく済みます。

一人暮らし向け節約術③:携帯料金を見直す

毎月請求される携帯料金を見直したことはありますか?
通話機能はあまり使わないのにかけ放題のプランに入っていたり、契約したときに自動的に加入しなければいけなかった有料サービスを解約し忘れているかもしれません。
ぜひ、いつもはスルーしてしまっている請求書に目を通してみてください。
無駄が見つかるかもしれませんよ。
また、契約プランを見直すだけでなく、契約している携帯会社自体を変えてしまうのも1つの手です。
最近では格安SIMを取り扱う会社も増えています。
一度検討してみてはいかがでしょうか?

一人暮らし向け節約術④:アプリを活用する

アプリを上手く活用すればさまざまな場面で賢く節約することができます。
例えば、家計簿アプリを活用すれば自分で計算したりまとめる必要が省けるため、手軽に始めることができます。
収支を自動でグラフにしてくれたり、複数の口座をまとめて総資産を計算してくれるなど便利な機能をもったアプリがたくさんリリースされていますよ。
また、スケジュールアプリも節約に活用できます。
スケジュール帳を買わずに済むのはもちろんですが、クレジットカードの引き落としや支払い期限、キャンセル料の発生日などお金関係のスケジュールも把握しやすくなるのもメリットの1つです。
DVDの返却期日など細々とした予定も入力しておけば無駄な出費をせずに済みますよ。

一人暮らし向け節約術⑤:洋服の通販買いをやめる

通販サイトで洋服を購入するのはなるべく控えましょう。
通販サイトには安くて種類豊富な洋服がたくさん販売されています。
忙しいときでも簡単に洋服を選ぶことができるので便利ですよね。
しかし、画面上ではよく見えた商品でも実物が届くと思っていた物と違っていたり、サイズが合わなかったりと結果的にあまり着ないで無駄な出費になってしまう可能性があるのも事実です。
特にスキニーパンツやサンダル、ワンピースなどは画像ではサイズ感が分かりづらいため注意が必要です。
サイズ感が分かりづらい商品は通販サイトでは買わず、お店へ足を運んで試着するのが無難です。
通販サイトで買うものと試着してから買うものを区別して、無駄な出費をなくしましょう。

一人暮らし向け節約術⑥:日用品の買い出しは決めた日だけにする

洗剤にテッュペーパー、お掃除シートなど一人暮らしをしていると様々な日用品を買い揃えなければいけませんよね。
「〇〇は少なくなっていたから買わなきゃ」と思っていてもすっかり忘れてしまっていたり、忙しくて買いに行けなかったり。
少なくなった日用品をその度に買い出しにいくのは面倒だったりします。
そこで、おすすめなのが買い出しに行く日を決めてしまう節約術です。
近々なくなってしまいそうだなという物をリストアップしておき、買い出し日にまとめて購入します。
ちょこちょこと買い物に行く必要もないうえに、買わなくちゃと覚えておく必要もありません。
ポイント2倍デーなどに合わせて買い出しに行けば、よりお得に買い物ができますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は、一人暮らしをしている方におすすめの節約術をご紹介しました。
長く続けることが節約の秘訣です。
自分に合った節約術を見つけて、無理のない範囲で実践してみてくださいね。

関連する記事

関連するキーワード

著者