節約

節約の類語で節約がわかる!節約類語で今日から節約脳になる6つの節約類語

投稿日:

節約をしている人は節約に関することにはとっても敏感です。実は節約の類語を検索すると、節約情報が一度にたくさん得られるんです。節電、節水、省エネ、コスト削減などなど節約するために情報をかかさない方必見!節約の類語で今日から節約脳になりましょう。

節約の類語で節約脳になる①ライフラインの節電や節水

Light Bulbs Chosen Bulb - Free photo on Pixabay (1918)

節約をしているという方なら節約するための情報は不可欠です。いつもネットで欠かさずどこが安いか比べているという方はかなり多いはず。そこでおすすめなのが節約の類語で節約を深堀してみるというものです。ここでは節約の類語として登場する類語とそれにまつわる言語と漢字で深堀していきます。まずは節約と類語で検索してみましょう。そこにはかなりの数の節約に関する類語があわられます。そこでまず最初にわかりやすい類語としての節水、節電、の節です。ライフラインにかかせない水道、電気、そして節米もあります。もはや光熱費などはお得な料金と会社を選べます。水道は一律料金ですが、使い方に工夫していますか。あるいはペットボトルの水を買うのをやめてお得な浄水器を探すこともできます。お米が高ければパンに代用できます。水や電気などのライフラインと主食は節約できていますか?節約脳で考えてみてくださいね。

節約の類語で節約脳になる②ガマンできない節酒や節煙

Cigarette Smoke Embers - Free photo on Pixabay (1922)

節約の類語として次はお酒とたばこにかかわる節、ライフラインの節約以上につらいのが嗜好品の節約です。特にお酒とタバコが好きな人には節酒と節煙は難しい問題かもしれません。節約という節は節目の意味もあります。お酒も喫煙も節度を保って楽しむということ。考え方によっては、節約そのものはすべてをやめるわけではないということなのです。それに節酒と節煙でお酒や煙草ができるようになると、より健康的になれるといえます。そう考えれば、節酒も節煙もがんばれる?節約脳ならではの楽しみ方になりえますね。

節約の類語で節約脳になる③省エネや省スペース

Notepad Table Decoration - Free photo on Pixabay (1924)

節約の類語でなるほどこれも節約とうなずけるのが省エネなどの省です。省とはかえりみる、省くという意味になります。節約は節する行為になるので、省くということ少なくしていくというような行為につながるのです。省はエネルギーやスペースに使われます。例えば省エネルギーはライフラインの電気、そして時間そのものにも使えます。買い物の時間を節約したいために食材をネット注文するのも時間の省エネといえます。わかりやすいのが省スペース。少ないスペースは電気代もかかりませんし、物も必要最低限で済み何かと節約になります。省スペースと省エネルギーにすることによって、節約につながり、結果的に出費をおさえることになるのです。節約の類語で節約の世界が広がりませんか?節約脳でまわりの生活をみなおしてみては?

節約の類語で節約脳になる④コスト削減やコスト重視

Learn School Nursery - Free image on Pixabay (1926)

節約に関する類語でビジネスとしてとらえられるのがコスト削減やコスト重視のコストです。コストとは費用、原価の意味をもちます。節約の類語でコストの言語は多く、コスト削減の他にコスト節減、コスト縮小など減らすことがメインにあらわれます。費用を減らす、費用をかけずにおさえていくという点が節約の類語に結びついているのです。コストは普段の節約に重要な意味をもつはず。日常の費用では何が一番多いですか?コスト削減すべきものは現在の家計の費用として何になるか、会社をもったつもりでもう一度考えてみては?節約脳が発揮できるかも。

節約の類語で節約脳になる⑤無駄を減らす

Water Glass Liquid - Free photo on Pixabay (1928)

節約の類語で目を引くのが無駄を減らす、ムダ減らしなどの言語です。節約そのものは物やお金を節する、ガマンするというような行為を連想しますが、一方で無駄を減らすという意味も含みます。無駄をしないということは、余分なものを買わなければ無駄をせずにすみます。自分にとって本当に必要なものがわかっていれば無駄をせずに済むとも言えます。そして日常では使う分をしっかり把握していれば次に購入する分がわかるようになるので、必要以上に買わなくなります。日常で節約していれば無駄な部分が見えてくるのです。節約類語で日常の生活が見えてくることでしょう。節約脳を鍛えてみては?

節約の類語で節約脳になる⑥倹約と倹約家

Money Cash Earnings - Free photo on Pixabay (1930)

節約の類語で上位に見られるのが倹約です。節約と倹約は似ているようですが、またちょっと違った意味をもちます。倹約はつつましい、控えめという意味も含んでいますが、倹約から類語を広めて検索していくと切り詰め、ケチケチ、爪に火をともすなどのネガティブな言語があらわれます。ですが節約の類語であらわれるということは、倹約が節約の延長でもあると考えられます。倹約家の生活スタイルは、とっても質素です。節約よりはもっとシビアで、しっかりとお金を貯めているという印象の強い方を倹約家と呼んでいいでしょう。また予算の引き締め、1円を惜しむようななど、お金の計算が顕著にあらわれるのも倹約の意味に含まれます。倹約の意味はまずはじめに予算をたてることに重要なキーがあるようですね。より節約するためにも、何事もはじめに予算をたてることはとっても賢い方法です。節約脳になるには倹約から学ぶことが多いです。

節約の類語がわかると節約もゲーム感覚になります

節約の類語は思った以上にボキャブラリーが広がり、面白いと思いませんでしたか?節約の類語から紐解いていいくと、節約からはじまる世界が膨大に広がります。普段している節約がまるでゲーム感覚のように、み直すことができるのです。でも言葉だけで満足していては本当の節約ライフにはなりえません。今の生活の中でどの節約の類語を必要とするか、それはあなたの節約の仕方次第です。節約の類語から本物の節約脳に近づけますように。

-節約
-, , , , , , ,

Copyright© quera , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.