今月はピンチ!?すぐに実行できる節約方法6選

毎日のランチに付き合いの飲み会、買い物や支払いが続き、給料日前は財布の紐を締める人も多いでしょう。
そんな時は、すぐに節約を実行してピンチを乗り切りましょう!
今回は、すぐに実行できる節約方法6選を紹介していきます。
どれも簡単に始められることばかりなので、できることから始めてみてくださいね。

すぐに実行できる節約方法①:食費を減らす

Cuisine Food Italian · Free photo on Pixabay (1373)

すぐに実行できる節約方法の1つ目は、食費を減らすことです。
ご飯は毎日食べなくてはならないため、1食分に使うお金が少ないとしても、積み重ねると大きな負担になります。
そのため、できる限り毎食の食費を減らすことを心がけましょう。
食費を減らすには、自炊するのが一番!
お昼ご飯にコンビニや外食をしていた人は、お弁当を作るようにしてみてください。
お弁当なら、1食あたり200〜300円程度で作れます。
好きな具を入れたおにぎりと温かい飲み物やスープだけでも、十分なランチになりますよ。
早起きが苦手な人は、前日や休日に作り置きしておき、朝は詰めるだけにするのも良いですね。

すぐに実行できる節約方法②:節電する

Light Bulbs Bulb · Free image on Pixabay (1374)

電気代の請求は月ごとに行われるため、すぐに家計に響くわけではありません。
しかし、毎日の積み重ねが支払い時のピンチを生むため、少しずつ節約する方法を考えましょう。
節電をするには、不要なコンセントを抜くのが手っ取り早いですが、金額に換算すると微々たるもの。
大幅に節電したいなら、電力の大きいものを減らすのがおすすめです。
家電製品で電力の大きいものは、例えばエアコン、オーブントースター、ヒーター、冷蔵庫などです。
エアコンはつけないのが一番ですが、真夏は健康のためにもつけることが推奨されていますね。
そのため、極力家にいる時間を減らす、設定温度を28度くらいにするなどして対応してくださいね。
また、冷蔵庫は電源を落とすことはできないため、ドアの開閉を減らし、庫内の温度を一定に保つ工夫をしてみましょう。

すぐに実行できる節約方法③:まとめ買いする

Shopping Spending Till Slip · Free photo on Pixabay (1375)

ちょくちょく買い物に行く人は、無駄遣いをしている可能性がるため、注意が必要です。
食べよう、使おうと思って買ったものでもいざ帰ってみるとそれほど必要ではなかったという経験は誰しもあるでしょう。
そんな無駄を省くためには、お店に出向かないのが一番です。
例えば1週間に1回だけ買い物すると決め、その日以外は買い物に出かけるのはやめましょう。
貴重な1回の買い物の機会となるため、必要なものだけが頭に浮かんでくるはず。
また、安売りをしているからと言ってお店をはしごするのもNGです。
はしごすると目移りして目的のものがわからなくなることがあるため、できるだけ1箇所で買いましょう。

すぐに実行できる節約方法④:カードを利用する

Money Card Business Credit · Free photo on Pixabay (1376)

クレジットカードで買い物すると、商品を買ってから支払うまでに期間がありますよね。
そのため、買った実感がなくてどんどん買い物をしてしまうのでクレジットカードは怖い、と考える人もいるようです。
しかし、一般的な感覚で買い物するなら、なんの危険性もありません。
必要な物だけを買うようにすれば、実はお得なカードです。
多くのクレジットカード会社ではポイント制を設けていて、貯まったポイントで買い物できるなどの特典があります。
最近では家賃や公共料金をカード払いにする人も増え、ポイントがどんどん貯まる仕組みを取り入れている人も多いですよね。
毎月のポイントは微々たるものでも、年間を通すとかなりお得になるため、できるだけカードで支払った方が節約につながりますよ。

すぐに実行できる節約方法⑤:マイボトルを持つ

仕事や学校で毎日飲み物を持ち歩く、またはお昼に飲み物を買う人は、マイボトルを使うのがおすすめ。
飲み物は自販機やコンビニ、スーパーなどで手軽に買えますが、500mlのペットボトルだと、1つ100〜200円くらいはかかりますよね?
ほぼ毎日飲む、という人は、飲料の出費は大変大きいでしょう。
しかし、マイボトルなら大容量のペットボトルを詰め替えて持ち歩けるため、節約できます。
また、好みのコーヒーや紅茶などを家で淹れ、マイボトルに入れるのもおすすめですよ。
究極に節約するなら、水道水を入れるという方法もあります。
水道水はミネラルウォーターと比べて傷みにくいというメリットもあるため、飲料代をかけたくない人は試してみてください。

すぐに実行できる節約方法⑥:無料の施設を利用する

休日はどのような過ごし方をしていますか?
ショッピングセンターをぶらぶらしたり、レストランでランチやディナーを楽しだり、という人もいるでしょう。
また、遊園地や動物園などの有料施設で子供と遊ぶという人も多いのではないでしょうか?
節約するなら、無料の施設を選ぶのがおすすめ。
民間の歴史施設や体験施設、自然公園など、無料で利用できる施設は意外とたくさんあります。
インターネットで検索して近場を探せば、交通費も節約できますよ。

まとめ

すぐに実行できる節約方法を紹介しましたが、いかがでしたか?
食費や電気代を節約するのはもちろん、支払い方法や毎日の生活を見直すことが大切です。
ちょっとした努力で節約が実行できるため、ぜひ今から始めてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です