スムーズに引っ越しできる!todoリスト6選

引っ越しする際、何から手をつけたら良いかわからない人も多いでしょう。
荷物の整理や引っ越し業者の選定、さまざまな手続きなど、引っ越しはやることがたくさん!
引っ越しし終わったあとに後悔しないためにも、しっかり準備して臨みたいですよね。
今回は、スムーズに引っ越しするためのtodoリスト6選を紹介します。
引っ越しが初めての人にもわかりやすいように説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

引っ越しのtodoリスト①:新居と引っ越し業者を決める

Apartments Architecture Balconies · Free photo on Pixabay (668)

引っ越しは最短でも1ヶ月前から準備が必要です。
じっくりと準備するなら2ヶ月くらいは時間があると良いでしょう。
引っ越しすることが決まったら、まずは新居を決めましょう。
決め方は仕事の兼ね合いや家族の人数、予算などによって異なるため、よく考えて決定してくださいね。
さまざまな不動産会社の情報をチェックしたり、目当ての場所の周囲にあるスーパーや駅などをチェックしたりとやることはたくさんあります。
ウェブ上だけでは出ていない情報もあるため、不動産会社に出向いて確認することをおすすめします。
また、内見しないとわからないことも多いため、ぜひ室内を見せてもらいましょう。
家具を置く都合上、ドアのサイズや壁の長さなどを計っておくことも大切です。
ここだというところが決まったら、契約しましょう。

新居の契約が済んだら引っ越し業者を決めるのが一般的です。
荷物を自分たちだけで運ぶのは難しいので、大きな家具は専門業者にお任せしましょう。
多くの業者で見積もりを出してくれるため、いくつかの業者の見積もりを比較してみるのがおすすめです。
時期によっては割引もあるため、新居の契約前にチェックしておいても良いですね。

引っ越しのtodoリスト②:荷造りと転居手続き

引っ越しがあと1〜2週間に迫ってきたら、いよいよ新しい生活が間近になりますね。
この時期には、荷造りを始めると同時に、公的な契約書類の準備を進めましょう。
市外などに引っ越す場合は、転出届け、転居届などの手続きが必要です。
また、電気、水道、ガスのライフラインのほか、電話やインターネットなどの住所変更手続きの準備もしておきましょう。
車やバイクを持っている場合は、駐車場の手続きもしなくてはなりません。
また、荷造りは家具や家電製品だけでなく、冷蔵庫の中身や洗濯機の水抜きも忘れないようにしてくださいね。
引っ越し業者との正式な契約もこの時期にするのが一般的です。
どんな荷物を運んでもらうかを1つ1つ決め、運んでもらう部屋も具体的に決めておくとスムーズです。

引っ越しのtodoリスト③:ガスの立会いと鍵返却

Boxes Cardboard Carrying · Free photo on Pixabay (669)

引っ越し当日になったら、自分で運ぶ荷物をチェックしたり、ガスの開栓や閉栓の立会いが必要です。
引っ越し業者の人は決められた時間に新居に運ぶため、細かい指示は立ち会ってする必要もあるでしょう。
すぐに荷ほどきができるよう、すぐ必要な荷物が入ったダンボールは手前に置いてもらうとスムーズです。
また、退去したあとの鍵の返却もしなくてはならず、大変忙しい1日となるでしょう。
1人では難しい場合は、家族や友人に協力をお願いし、無理のないように計画を立てておくことをおすすめします。

引っ越しのtodoリスト④:荷ほどきと挨拶

Wall Furniture Design · Free photo on Pixabay (670)

引っ越し業者に荷物を運び入れてもらったら、大きな家具意外は自分で荷ほどきが必要ですね。
先に指示をしていたように、すぐに必要な荷物ダンボールは手前にあるはずです。
全ての荷ほどきを1日でするのが難しい場合は、まずは最低限必要なものを取り出しましょう。
家具の配置やレイアウトはあらかじめ決めておくと、この時にスムーズになります。
そのため、新居を決めた際にレイアウトを決めておくようにしてくださいね。
ダンボールの空き箱は、引き取りをしてくれる業者が多いため、どこに連絡をすれば良いか確認しておくのも忘れないようにしましょう。
荷ほどきが一通り済んだら、近所の人への挨拶もするのがマナーです。
引っ越しの際に騒がしくしてしまったことの謝罪と今後のお付き合いをお願いするため、時間を見て挨拶に行きましょう。
その際、簡単な手土産などを用意できると印象が良くなります。
そこまでの余裕がない場合は挨拶だけでも構いません。
顔を合わせることでトラブルを避けられることもあるため、落ち着いたら挨拶に行くことをおすすめします。

引っ越しのtodoリスト⑤:公共機関の住所変更

Checklist Check List · Free photo on Pixabay (671)

運転免許証や車庫証明、転入手続きなどの公共機関の住所変更は、引っ越してから速やかに行いましょう。
できるだけ早い方が良いですが、遅くても14日以内にしなければなりません。
手続きを忘れるとさまざまな支障が出るため、必ず忘れないようにしてくださいね。

引っ越しのtodoリスト⑥:個人登録の住所変更

大切な公共機関の手続きが済んだら、個人で契約したところの住所変更を行いましょう。
例えば、銀行やクレジットカードなどは早めにしておくことをおすすめします。
他には、保険関係なども住所変更しないといざという時に困りますので、必ず住所変更してくださいね。
また、携帯電話やネットショップなどの登録も変更しておきましょう。
会社への連絡も忘れないようにしてください。

まとめ

引っ越しのtodoリストを紹介してきましたが、いかがでしたか?
引っ越しはする前、当日、した後にそれぞれやることがあります。
特にする前の準備は大切なので、しっかりとやることをリストアップしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です