ズボラ飯で節約しよう! 美味しいズボラ飯6品

Food Kitchen Cook · Free photo on Pixabay (119)

ズボラ飯は悪いと思われがちだけど、節約の面から見るとコスパもいいから大助かりなんです。
しかもズボラ飯って洗い物も少ないから、光熱費の面から見ても最高!
そこで今回は節約に最適なズボラ飯を6品ご紹介します。

ズボラ飯①:ツナ缶丼

ズボラ飯の定番と言えばツナ缶を使ったものです。
ツナ缶の中にマヨネーズと醤油と胡椒を入れて、熱々のご飯の上に乗せるだけでツナ缶丼の完成!
ちょっと豪華にするのなら目玉焼きをオンするとさらに美味なんです。
フライパンに敷く油はツナ缶の油を使えば無駄がないし、余計な油も使わなくていいから一石二鳥。

材料
ツナ缶 1缶
卵 1つ
醤油 大さじ1
胡椒 少々

Tuna Fish Food · Free photo on Pixabay (62)

ズボラ飯②:サバ缶茶漬け

一時期健康にもいいということでサバ缶が話題になりましたよね。
健康にいいのはもちろん、ズボラ飯にも最適なのがサバ缶です。
食欲がない時にでもさらさらっと食べられますし、作り方も簡単です。
熱々のご飯の上にサバ缶の中身を乗せます。
水煮缶であれば、濃い口醤油をサバの上に垂らします。
味噌煮缶であればそのままで大丈夫です。
あとはのりや梅、わさびなどをお好みで乗せて熱々の緑茶をかけるだけ。
もしあるのであれば、お出汁をかけても美味しいんです。

材料
ご飯 1杯
サバ缶 1缶
梅、わさび、のりなど お好みの量
お茶orお出汁

ズボラ飯③:白菜と豚ときのこの蒸し焼き

白菜と豚のミルフィーユ鍋とかありますよね。
見た目もきれいだし、自宅で友達とご飯を楽しむときには持ってこいだけどひとりだとどうしても白菜と豚を並べるという一手間が面倒だったりします。
そんなときは並べる必要なんてありません。
耐熱性の器に切った白菜と豚のコマ切れ、あとはビタミンを摂るためにキノコ類も入れてしまいましょう。
キノコの種類は何でも大丈夫ですが、エノキやシメジ、マイタケあたりが火が通りやすいのでオススメです。
そして最後に軽く塩を振って混ぜ合わせたら、レンジで500Wで5分ほど加熱します。
白菜のシャキシャキ感を残したい場合はこのまま、柔らかい方がいい場合は様子を見ながら追加で加熱しましょう。
過熱を終えたら、ポン酢+胡椒やポン酢+マヨネーズ、めんつゆなどをお好みでかけてお召し上がりください。

材料
白菜 4分の1
豚小間切れ 1パック
エノキorシメジorマイタケ 1袋
塩 小さじ2分の1
ポン酢やマヨネーズ、胡椒など お好み

Vegetable Chinese Cabbage · Free photo on Pixabay (67)

ズボラ飯④:ポン酢胡椒うどん

冷凍のうどんもズボラ飯の強い味方です。
レンジでチンするだけで簡単に食べられるのもありがたいですよね。
でも、わざわざうどんのためにだし汁を作るのも面倒です。
そんな時はうどんにポン酢と胡椒をかけて食べるのが一押しなんです。
寒い時は特に熱々のおうどんと胡椒で体がポカポカになります。
ちょっとアクセントを変えたいときはこれにマヨネーズや卵の黄身を追加するのもオススメ!

材料
冷凍うどん 1玉
ポン酢 お好みの量
胡椒 お好みの量
マヨネーズor卵の黄身

ズボラ飯⑤:ズボラ和風麻婆豆腐

麻婆豆腐っていざ作るとなると面倒ですよね。
でも今回紹介するズボラ麻婆豆腐は使うのはフライパンひとつで、包丁とまな板も使いません。
そんなのできるの?って思うかもしれませんが本当に簡単なんです。
まずはフライパンにごま油をひいて、豆板醤を炒めます。
あるならばしょうがやニンニクのチューブを少々入れるのもオススメです。
そしてひき肉を炒めます。
火が通るまでに、味噌と醤油、水、そして片栗粉を混ぜ合わせます。
本来だったら別々にした方がいいのですが、今回はズボラ飯なのでひとつのカップで一気に混ぜ合わせてしまいましょう。
混ぜ合わせたものを肉に絡めて、とろみが出る前に豆腐を入れてしまいます。
豆腐は包丁で切らずに手でちぎったもので大丈夫です。
見た目は確かに武骨ですが、味もしみこみやすいですし何より手軽。
さらに洗い物を減らしたい方は先に豆腐を入れてから、豆腐のパックに先ほどの味噌などの調味料を入れてしまえばカップすらも洗わなくて済みます。
そして最後にネギを入れるのですが、これも包丁は使わずにはさみで切って入れてしまいましょう。
とろみも出て、お肉に火が通ればズボラ麻婆豆腐の完成です。

材料
豆腐 1丁
挽肉 1パック
ネギ お好みの量
豆板醤 少々
味噌 大さじ2
醤油 大さじ1
片栗粉 大さじ2
水 200cc
ごま油 適量

Mapo Tofu Bean Paste · Free photo on Pixabay (72)

ズボラ飯⑥:お正月の余りもので餅チヂミ

お正月に大量買いしたはいいものの余ってしまったお餅。
焼いてたべたり、汁物に入れたり工夫はしたけれど飽きてしまった方も多いですよね。
でもお餅もズボラ飯に最適な材料のひとつなんです。
今回オススメしたいのが餅チヂミ。
これも本当にお手軽で、余りもので出来ちゃうのが嬉しいポイントです。
まずは小麦粉、片栗粉、水、卵でチヂミの液を作ります。
これに細目に切った餅、ニラやお好みでキムチやチーズなどを入れてフライパンで焼くだけです。
お餅のもちっと感とチヂミのかりっと感が相まってお酒のつまみになってくれます。

材料
小麦粉 100g
片栗粉 大さじ3杯
水 130cc
餅 2、3個
卵1個
塩 少々
醤油 大さじ1
酢 大さじ1
ごま油 小さじ1
ごま お好みの量

まとめ

節約をするのには持ってこいのズボラ飯を今回は6品ご紹介しました。
ぜひ今回ご紹介したレシピで素敵な節約ライフをお過ごしくださいね。
Soup Vegetables Pot · Free photo on Pixabay (77)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です